固定・変動ってどっちが得か悩みどころ

家を手に入れたいと思ったら、まずお金のことを考えなければなりません。

一戸建てやマンションなどでも、新築や中古などでも価格がかなり違いますし、住む場所によっても変わってきます。

特に、東京のような大都市では地価も高く、一般家庭でも5000万円くらいかかることも少なくありません。

また、地方都市であっても2000~3000万円くらいかかったりするので、どこでも一生に一度の高い買い物になることでしょう。

普通は、その金額を全てそろえて購入することができないので、頭金を準備して、残りを金融機関から借り入れて、住宅ローンとして返済していく形になります。

これは、通常、世帯年収の25~30%程度を返済額の目安として、返済期間をかけて、算出していきます。

それがその家庭で借りることができる、住宅ローンとして返済できる額というように考えます。

ですから、なるべく頭金を準備できた方が借入金も少なくて済むので、返済が楽になるのです。

そこで、どこの金融機関に借りるのかということを検討することになるでしょう。

銀行や農協、ろうきん、そして国の住宅金融支援機構といったところのそれぞれの情報を集めて、自分のライフサイクルや家計の状況などを総合して、決めていくことになります。

住宅ローンを考えた時に、固定・変動のいずれの金利にするのがいいのか、悩みの元になることもあるでしょう。

考え方として、その時の金利をまず比較し、その時の金利が安く、自分が短期で繰り上げ返済などもできて、完済できるといった余裕があるのであれば、変動にしてみてもいいでしょう。

また、長期的にじっくりと時間をかけて返済するといった予定の人では、固定金利にしたほうが、世の中の景気などの情勢により変動で上がったりすことを心配するよりは安心して生活を送ることができるでしょう。

住宅ローンを組むときには、固定・変動金利で迷うところですが、その人たちの経済状態や将来を見据えた計画などの生活スタイルを考慮したうえで金融機関を決めていく方が得でしょう。